こぱんはうす さくらとは?

仲間と咲かせる笑顔と未来

「こぱんはうす さくら」は、勉強についていけない、お友だちとうまく遊べない、集中して物事に取り組めないなど、発達・成長に心配のあるお子さまや、障がいを持ったお子さまを対象とした、東京 都指定の児童発達支援・放課後デイサービスです。
ご家族の不安に寄り添い、ご相談しながら、お子さま一人ひとりに最適なプランをご提案。
お子さまがたくさんの仲間と共に楽しみながら成長し、笑顔あふれる未来を支援いたします。

こぱんはうす さくらが目指すこと

私たちは、お子さまの自立の力をそだて、未来へつなぎます。

「できること」を伸ばし、「できないこと」は一緒にトライ。
できるかぎりお子さま自身の力で物事を進めるよう支援します。
身辺の自立、着替え、トイレのトレーニング、食指導なども含みます。

私たちは、お子さまの気持ちを表現できる力をそだて、仲間へつなぎます。

感情の表現、気持ちを伝えること、社会のルールの中でお話しすることなど、
一人ひとりにアプローチしていきます。
こぱんはうす さくらは、お子様にとっての「自分らしくいられる場」になります。

私たちは、お子様の心をはぐくんで、笑顔へつなぎます。

ゆたかな心に笑顔が宿ります。
自信にあふれた笑顔を引き出せるよう支援します。

私たちは、ご家族様と共に、夢を咲かせます。

児童の発達は、私たちだけではできません。ご家族様、学校、地域と連携して
チームでお子さまを支えます。
何でもご相談ください。みんなで解決しましょう。

こぱんはうす さくらの運営方針

知能改善訓練の重視

「知能改善」と言うと仰々しく聞こえますが、基本的には文字やプリントでは表せない、お子様の認知力・想像力を重視した取り組みをしております。

たとえば、どこにでもあるぬり絵やお絵かき。
自由に描いていただくのではなく、できる限り模写や枠の中に線を入れる、文字を入れるなど、一定の制約を理解していただけるように進捗管理してご支援をしております。
描けた、できた、ではなく、どこまでどのように描いているのかを確かめて、ご家族様にご報告していくことも重要と考えております。

たとえば身近で、どこにでもあるボール投げ。
知育・知能という観点からは、

  • まずボールに反応すること
  • ボールが転がることを認識・理解できること
  • 次いで転がっているボールを追いかけること
  • そのボールを捕まえられること
  • しっかり持って投げられること
  • 方角を意識できること
  • ちょうど良い加減で投げられること
  • 投げたボールを認識してキャッチできること
知能改善訓練の重視

などなど、さまざまな段階に応じた記録をとって、進捗を管理しております。

小学生のお兄ちゃんお姉ちゃんになれば、学習も重要な要素です。
もちろんその補習や独自のプリントなども行っていきますが、その根拠を説明だけでなく、模型や社会の類型でたとえてお伝えしております。

音楽や絵本や遊びを使った 情緒表現力の向上

音楽や絵本や遊びを使った 情緒表現力の向上

音楽の力、言葉の力、社会の力、そして最終的には愛する力。多種多様な道具を使って情緒を高めます。

他者との関わりを重点にしつけやルールを吸収する力の充実

しつけってなんでしょうか?

  • 整理整頓
  • あいさつ
  • 感謝の気持ち
  • 身だしなみ
  • トイレ
  • 約束を守る・時間を守る
他者との関わりを重点にしつけやルールを吸収する力の充実

などなど、さまざまな事柄が浮かぶと思います。
こぱんはうす さくらでは、これらの社会に出ていくための最低限のしつけ、というものを一つひとつ、丁寧に、かついちいち、何回も、繰り返して学んでいきます。
それはただ単に注意する、叱る、ほめるというものではなく、いかにそれを自発的にできるように促していくか、がしつけになってくると思います。
整理整頓も、ただ単に「片付けなさい」ではなく、自ら片付けたくなるようにあらゆる手段を考えながらお子様の心の琴線に触れる働きかけをしていきます。
そして、そのしつけをベースにして、ルールを守っていくという学習をしていきます。

社会のルール、対人関係のルール、集団のルールなどを徐々に学んでいただきます。
たとえば対人関係のルールにおいては、あいさつをするというだけでなく人の嫌がることをしないとか、相手の感情を思いやるとか、ゲームで2番やビリになった人をなじらないなど、あいさつをするというしつけの上に、さらなる社会生活での気持ちよく過ごせるルールの習得に向けていきます。
それをひたすらくり返し、くり返し行い、やがてはソーシャルスキルトレーニングにつなげていきます。

TOPへ