放課後等デイサービスとは?

就学児童(満 20歳まで)が対象 放課後等デイサービスとは?

以前まで障害の種類・年齢によってうけられる福祉サービスの内容などが決められていたのが、平成24年4月1日、障碍者自立支援法・児童福祉法等の一部改正により、どの障害のお子さまも共通のサービスを利用できるよう制度が一元化され、施設・事業が再編されました。
放課後等デイサービスは、障がいのある(療育が必要と認められる)お子さまの学齢期における支援 の充実のため創設されました。障がい児の学童保育と表現するとわかりやすかもしれません。

原則として、就学児童が対象です。
(引き続きサービスを受けなければ、その福祉を損なう恐れがあると認められる場合は、
満20歳に達するまで利用可能)

放課後等デイサービスは、障がいのあるお子さまに対し、放課後や長期休暇中においての療育の場(日常生活動作の指導、集団生活への適応訓練など)であるとともに、放課後などの居場所、また、レス パイトケア(ご家族のかわりに一時的にケアを代行することで、リフレッシュしていただく家族支援 サービス)としての役割を担っています。(利用の上限月額に満たない場合、放課後等デイサービスに定められた単位数の1割がご家族のご負担になります。)

こぱんはうす さくらの放課後等デイサービス 一日の流れ

  • 平日
  • 休日
  • 14:00
  • 14:30
  • 15:00
  • 15:30
  • 15:45
  • 16:45
  • 17:00
    • 教室に到着(送迎)
    • 健康状態の確認、水分補給、トイレなど
    • 荷物の整理、着替え、連絡帳の提出
    • 今日学校であった事の報告、相談援助
    • できる限りお子さま自身の力でできるように支援します。
    • 児童発達管理責任者などが、個別面談を行い、メンタルの安定を図ります。
    • はじめの会(あいさつ、出席確認、
      お返事、1日のスケジュールの確認)
    • 今日は誰がきているのか、今日は何をするのか、を認識することで不安を解消します。
    • バラバラになりがちなデイサービスを、きちんとはじめと終わりを意識して行動できるようにします。
    • おやつ
    • みんなでテーブルを囲み、一緒に食べることの喜びを感じられるようにします。
    • 自由遊び
    • 個別アセスメントに応じて、遊びの見つけ方、参加の促し、仲間に入れることなどを支援します。
    • 参加できない、なにもできないなどの場面がないように関わります。
    • 個別プログラム
    • 個別支援計画に基づき、遊びや宿題、活動内容を設定して行います。
    • 個々の目標や障害の特性に応じて、今後の社会生活を送る上でのさまざまな課題にチャレンジします。
    • 集団レクリエーション
    • ゲームや調理などを通して、小さな集団の中での約束や、人とかかわることの大切さ楽しさを学んでいきます。知育・療育・体育双方の観点からプログラムします。
    • そうじ、片づけ、着替えなど 帰りの準備
    • みんなで使う場所をきれいにすること、みんなと過ごすルールを確認します。
    • 帰りの会(あいさつ、次回の登所日確認、
      今日の振り返りなど)
    • 個別に送迎
  • 9:30
  • 10:00
  • 10:15
  • 11:30
  • 12:00
  • 13:00
  • 14:00
  • 15:15
  • 15:45
  • 16:00
    • 教室に到着(送迎)
    • 健康状態の確認、水分補給、トイレなど
    • 荷物の整理、着替え、連絡帳の提出
    • できる限りお子さま自身の力でできるように支援します。
    • 児童発達管理責任者などが、個別面談を行い、メンタルの安定を図ります。
    • はじめの会(あいさつ、出席確認、
      お返事、1日のスケジュールの確認)
    • 今日は誰がきているのか、今日は何をするのか、を認識することで不安を解消します。
    • バラバラになりがちなデイサービスを、きちんとはじめと終わりを意識して行動できるようにします。
    • 合唱
    • みんなで唄うことで、体と脳を起こします。また一体感を感じるように支援します。
    • 自由遊び
    • 個別アセスメントに応じて、遊びの見つけ方、参加の促し、仲間に入れることなどを支援します。
    • 参加できない、なにもできないなどの場面がないように関わります。
    • 昼食準備
    • 持参いただいたお弁当のほか、お茶を用意したり、テーブルを用意したりなど、社会性を基調に、みんなで食べることを理解できるように支援します。
    • 昼食、歯磨き、片づけ
    • みんなでテーブルを囲み、みんなで食べることの楽しさを感じられるようにします。
    • 介助が必要な生徒には支援します。
    • 個別プログラム
    • 個別支援計画に基づき、遊びや宿題、活動内容を設定して行います。
    • 個別の目標や障がいの特性に応じて、今後の社会生活を送る上でさまざまな課題にチャレンジします。
    • 自由遊び
    • 個別アセスメントに応じて、遊びの見つけ方、参加の促し、仲間に入れることなどを支援します。
    • 参加できない、なにもできないなどの場面がないように関わります。
    • おやつ
    • みんなでテーブルを囲み、一緒に食べることの喜びをかんじられるようにします。
    • 集団レクリエーション
    • ゲームや調理などを通して、小さな集団の中での約束や、人とかかわることの大切さ楽しさを学んでいきます。知育・療育・体育双方の観点からプログラムします。
    • そうじ、片づけ、着替えなど帰りの準備
    • みんなで使う場所をきれいにすること、みんなと過ごすルールを確認します。
    • 帰りの会(あいさつ、次回の登所日確認、
      今日の振り返りなど)
    • 個別に送迎

TOPへ