成長事例

認知 言語

単語がなかなか増えないお子様の「言葉の発達を促す楽しい授業」

ご相談内容
「5歳になっても単語がなかなか増えません」
教室での取り組み
要求語から練習していきます
知っている歌や単語から広げます
実物と言葉のマッチング
イメージイラスト
Point要求語からの練習
要求語を伝える場面は、生活の中で沢山あり、発語を促すチャンスがいっぱい!
「開けて」「やって」「かして」など発語を促すために沢山の場面を作り出していきます。
Point知っている単語から広げます
歌を歌ったり読み聞かせの中で、知っている歌や単語を反復しながら、発語のタイミングを増やし知っている単語を増やしていきます。
Point実鬱と言葉のマッチング
カードを見て「これなぁに?」と聞きながら単語を覚えたり、楽しくかるたのように遊びを取り入れます。
2ヶ月後
言葉を発するとお子さまにとって嬉しいことが起こる、という経験をたくさん積みます。これを繰り返していくうちに、何かしてほしい時、先生のほうを見て、何かしらの言葉を言うようになりました。
また、知っている物を見ると言葉で発してくれるようになりました。
そのたびに先生はその行動を笑顔で褒めて、2ヶ月ほど経つと、お子様の出す言葉が増えてきました。

TOPへ