成長事例

認知 身辺自立

トイレは楽しい場所から始める

ご相談内容
「トイレを怖がってトイレへいきません。 トイレで出来るようになってほしい」
教室での取り組み
トイレに少しずつ近づいていこう
トイレに座れるようになろう
トイレでおっしこができる
イメージイラスト
Pointトイレに少しずつ近づいていこう
トイレに入るのが怖い理由は、狭い空間であったり暗かった経験をしてしまった等いろいろあります。 いずれにしてもいい場所ではないと思ってる所に無理やり連れていくのではなく、まずは子供にとって楽しい空間となるように、お子様の好きなものを持って少しずつ近づいていきます。
Pointトイレに座れるようになろう
トイレの中に入れるようになったら、まずはそこでオムツ交換が出来るようなり、次にオムツを外したタイミングで便座に座らせます。便座が難しい場合は、オマルを使う事もあります。この時も無理やり長く座らせず、徐々に時間を延ばしていきます。
Pointトイレでおしっこができる
座ることが出来るようになったら、あとはおっしこが出る一瞬を逃さずに待ち、出た感覚がわかったら「おっしこが出たね」と言い、おっしっこが出るという事が、これなんだとわかるように教えていきます。
気付いたら一緒に
いつものようにトイレに行くと、子供も一緒にトイレについて来たので、「おっしこ?」と聞くとうんとうなずき、トイレに座ることが出来ました。
これをきっかけに、タイミングよくおっしこが出るようになり、今では怖がることなくトイレトレーニングが出来るようになりました。

TOPへ