ご利用の流れ・料金について

ご利用の流れ

勉強についていけない、なぜついていけないのかもわからない、友達と上手く遊べない、
名前を呼んでも振り向かない、落ち着きがなく集中して遊べないなどの
さまざまなお悩みをお持ちのご家族を支援いたします。
どんな小さなことでもまずはお問い合わせください。
こぱんはうすさくらの支援は、ご家族の不安に寄り添うことからはじまります。

  • お問い合わせ

    どんな小さなことでもお問い合わせください。
    ご家族の不安にまず寄り添います。

    お問い合わせはメールフォームまたはお電話にて承ります。

  • ご相談

    ぜひ一度、こぱんはうすにお越しください。できましたらお子さまもご一緒であると、なおよいです。
    もちろん、まずはご家族の方だけでもかまいません。

  • 体験

    「うちの子に合うかしら?」「どんなことをするのかしら?」「うまくやれるかしら?」などの不安を解消するために、一度教室をご体験ください。

    • 「児童発達支援」と「放課後等デイサービス」は入口が分かれており、洗面台やトイレなど、お子さまの年齢に適した環境となっております。
    • 到着後は児童発達管理責任者等が個別面談を行い、メンタルの安定を図ります。
  • 受給者申請

    区役所への通所受給者申請がまだお済でない方は、お手続きの段取りをわかりやすくお伝えいたします。

  • ご利用開始

    原則ご自宅までお迎えに伺います。最初は不安を感じられるかも知れませんが、すぐにスタッフと打ち解けられますのでご安心ください。

ご利用料金について

月間利用料金は、以下のように計算されます。 全額負担とならない方もいらっしゃいます。
(料金は東京23区の例です)

児童発達支援 0才〜6才のご利用料金

平日休日

1,222円 × 日数 その他料金加算対象費用

平日・休日の基本料金の10%負担

放課後等デイサービス 小学生以上のご利用料金

平日

1,049円 × 日数 その他料金
加算対象費用

平日基本料金の10%負担

休日

1,202円 × 日数 その他料金
加算対象費用

平日基本料金の10%負担

上記赤枠月間利用料金内合計額におきましては、以下の額までのご負担となります。月間利用料金内合計額におきましては、世帯収入に応じ負担額が変動いたします。

区分 世帯収入状況 月間負担上限額
生活保護   0円
非課税 市町村民税非課税世帯(概ね280万円/年以下の世帯の方) 0円
一般A 市町村民税課税世帯(概ね890万円/年以下の世帯の方) 4,600円
一般B 上記以外 37,200円

※上記金額以上はいただきません

たとえば、平日15日間、土日4回をご利用された一般A世帯の方の場合

1,049 円 ×15 日=15,735 円 + 1,202 円 ×4 日=4,808 円 =20,543 円

負担上限額は 4,600 円なので、20,543 円が 4,600 円に変動します。

4,600円 + おやつ50円×19日=950円 =月間負担料金 5,500円 1日当たり292円

同条件で、一般B世帯の場合

1,049 円 ×15 日=15,735 円 + 1,202 円 ×4 日=4,808 円 =20,543 円

負担上限額は 37,200 円なので、20,543 円のままとなります。

20,543円 + おやつ50円×19日=950円 =月間負担料金 21,493円 1日当たり1,131円

その他料金加算対象費用

その他料金 単価
送迎往復 0円
れんらく帳 0円
おやつ代 50円
社会見学施設使用料 0円
加算対象費用 単価
上限管理加算(利用日数の管理手数料) 166円
欠席時対応加算 104円
家庭連携加算1時間未満 207円
福祉専門職員配置加算 11円
延長支援加算1時間未満 67円

※ 負担上限額に加算対象費用も含まれます

利用にあたって、市区町村で発行される通所受給者証が必要となります。
お子さまの住民票がある区役所にて申請してください。
お問い合わせ、ご相談いただければ、お手続きの段取りをわかりやすくお伝えいたします。

お問い合わせはメールフォームまたはお電話にて承ります。

TOPへ