こぱんはうす さくらとは?

児童発達支援

児童発達支援

発達に心配のある子どもや障がいを持った子ども達が、できる限り身近な場所で支援を受けられるよう、療育を行う専門性ある事業の名称です。
たとえば、友達とコミュニケーションがうまく出来ない子どもには、子どもの小集団に複数の指導者が仲介に入り、子ども同士で「楽しく遊べた」といった経験を積み上げます。

詳しく見る

児童発達支援

児童発達支援

放課後等デイサービスは、障がいのある(療育が必要と認められる)子どもたちの学齢期における支援の充実のため創設されました。
障がい児の学童保育と表現するとわかりやすいかもしれません。

詳しく見る

1歳~18歳までのお子さま

日中一時支援

障がいをお持ちのお子様を一時的に預かり、見守り等の支援を行うことにより、日中における活動の場の確保やその家族の就労支援、介護負担の軽減を目的としています。

詳しく見る

最新情報

デイサービスガイドラインに基づく自己評価表

TOPへ